ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 私の岩国

岩国にゆかりがあり、いろいろな分野で大活躍をされている方に、岩国の魅力を知られざるエピソードとともに紹介していただきます。
最新情報はFacebook「私の岩国<外部リンク>」で発信しています。
ぜひ「いいね!」してください。


私の岩国

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

【パストラルホール 中村ユキチさんその3】

周東パストラルホールの外観

パストラルホールが出来たのは私が小学生の頃でした。
近代的なコンクリート打ちっ放しのデザインに、ギリシャ劇場をモチーフにした屋外劇場はなかなか前衛的で、足を運ぶ度ワクワクしたのを覚えています。
私は中学校では吹奏楽部に所属していました。定期演奏会や、コンサートホールを借りての練習などでは大変お世話になりました。

コンサートホールの客席
 
コンサート自体もですが、特に楽しかったのはこのホールの裏側の探検でした。普段見られない楽屋裏や、休憩室、搬入口など、まるで秘密基地のようで、休憩時間を見つけては友達とホール内を散歩しました。

今回、公式に(笑)裏側を案内していただきました。

楽屋通路の写真 

とある入り口から楽屋通路に抜けられます

アーティストラウンジの様子

一般の人は見ることが出来ないアーティストラウンジ。光の落ち方が綺麗です。

階段の上の隠し扉のような入り口

ところどころにある隠し扉のような入り口

空に続くような階段

空に続くような階段を昇っていくと・・・

半円形の屋外劇場 
半円形の屋外劇場

屋外劇場からの眺め

眺めもきれいです。ここで天体観測できたら気持ちよさそう。

どこにつながっているのか気になる通路がたくさん 
どこにつながっているのかな?

今回再び舞台裏を探検させてもらったのですが、やはりとても楽しかったです。
そしてなにより驚くのは、パストラルホールが出来て20年以上経っているのですが、まったく古さを感じないこと。それは館内のスタッフさんの手入れが行き届いていることや、このホール自体に優れたアート性があるからこそだと思いました。  

どこで写真を撮ってもフォトジェニック 

どこで写真を撮ってもフォトジェニックです。

僭越ながら私のマンガも置かせていただいております。足を運ばれた際には、このおしゃれなエントランスホールで、ぜひ読んでいただけたらうれしいです。

パストラルホールには中村さんのマンガも置かれています
 
帰郷の度に、変わらぬ姿で迎えてくれるパストラルホール。
ありがとうございました。

中村ユキチ