ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 感染症 > 感染症を予防しよう > 腸管出血性大腸菌感染症の予防について

腸管出血性大腸菌感染症の予防について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月27日更新

 腸管出血性大腸菌感染症は、夏から秋にかけて患者数の増加がみられます。皆さまも、日ごろから、十分な手洗いと食品の十分な加熱等、感染予防対策に努めるとともに、腹痛や下痢等の症状がある場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

予防策等

  1. 調理前や、排せつ物を触った後は、石けんでよく手を洗いましょう。

  2. 食品は、中心部までよく加熱(75℃、1分以上)し、調理後は、なるべく早く食べましょう。

  3. 小児や高齢者などは、生肉を食べないようにしましょう。

関連情報

 山口県ホームページ

  腸管出血性大腸菌による食中毒

    http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/anzenjohou/o157.html<外部リンク>

  報道発表

    http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201609/035260.html<外部リンク>

問い合わせ先

 山口県岩国健康福祉センター 

  電話番号 0827-29-1521