ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化・芸術 > 生涯学習 > 生涯学習市民講座「イカルス」を利用してみませんか?

生涯学習市民講座「イカルス」を利用してみませんか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月19日更新

研修会等で講師は誰にしよう?何をしよう? と迷ったときは、
生涯学習市民講座イカルスを利用してみませんか?

 「イカルス」って?

 岩国市行政いろいろ情報提供(Iwakuni City Administration Reference & Utility Services)の略です。

 イカルスは「聞いてみたい!始めてみたい!」と思う講座を選んで、おためしで学べるシステムです。

イカルス講座の様子
平成28年度開催 行政編(岩国市)「ごみの分別方法について」の風景

平成29年度イカルス講座 メニュー

行政編(市役所) (Wordファイル)(113KB)

 岩国市役所の職員が講師となる講座です。

行政編(国・県などの機関) (Wordファイル)(29KB)

 国・県などの機関の職員が講師となる講座です。

市民編 (Wordファイル)(154KB)

 講師登録している一般市民が講師となる講座です。

子供編 (Wordファイル)(125KB)

 学校の休日を利用して、子供たちが地域で様々な体験活動をするための講座で、講師登録している一般市民が講師となります。

申し込み方法

 受講希望日の14日前までに、上記「平成29年度イカルス講座メニュー」の中からお好みの講座をひとつ選んでいただき、下記の「申し込み用紙」か「電子申請」、どちらかの方法でお申し込みください。

 また、お電話でもご相談をお受けいたします。

申し込み用紙

 「生涯学習市民講座イカルス受講申込・派遣依頼書」 (Wordファイル)(32KB

申し込み手順

 申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入の上(コピー可)、直接生涯学習課へお持ちいただくか、ファックスまたは郵送でお送りください。各教育支所、各公民館へご提出いただいてもかまいません。

 「生涯学習市民講座イカルス受講申込・派遣依頼書」 記入例 (Wordファイル)(55KB)

電子申請

 上記見出しをクリックすると、インターネットでお手続きができますので、ぜひご利用ください。

利用するときのQ&A

生涯学習市民講座イカルスを利用できるのは?

 原則として、市内に居住、勤務または在学する5人以上のグループです。
 ただし、下記の事由で申し込みをお断りする場合があります。

  • 公の秩序を乱したり、善良な風俗を阻害するおそれがあるとき
  • 政治、宗教または営利を目的とした催しもの等を行うおそれがあるとき
  • 生涯学習市民講座イカルスの目的に反し、その実施が適当でないとき

開催日や開催会場はどうしたらいいの?

 開催日や会場などの手配は、申請者が行ってください。

 原則として、会場は岩国市内(公民館や集会場等)とし、開催日時は年末年始を除いた毎日の、午前9時から午後9時までの間の3時間以内とします。

講師料はどうしたらいいの?

 行政編についての講師料は不要です。

 市民編については、講師と受講者が金額(交通費程度)を相談の上、受講者に負担していただきます。

 ただし、子供編の講座については、ボランティア講師に市から必要経費(交通費程度)を支払います。

 また、受講する上での教材等実費が必要な場合も、受講者側の負担となります。

生涯学習市民講座の活動中の事故では、保険はどうなるの?

 生涯学習市民講座の活動中に、自分自身が事故にあった・他人に怪我をさせてしまった・他人のものを壊してしまった等は、「ふれあい保険」で補償できることがあります。掛金は市が負担していますので、すみやかにご連絡をお願いします。

 なお、詳細は市民協働推進課、総合支所、出張所等に配布してある「ふれあい保険」のリーフレットをご覧ください。

イカルスの講師になるには?

 生涯学習市民講座イカルスでは新たな講師を募集しています!
 特技や資格を生かせるチャンスです!
 そして、高齢者や子供達など、多くの人々と触れ合う機会を提供します。

 まずは、生涯学習課へご連絡ください!詳しい登録内容などご説明いたします。