ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 予防接種(こども) > 岩国市予防接種料助成のお知らせ

予防接種は、予防接種法に基づいて実施される定期予防接種と個人的に接種する任意予防接種があります。

岩国市では、一部の任意予防接種について費用を助成しています。

定期予防接種

岩国市予防接種料助成のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月21日更新

 定期予防接種は、岩国市に住民票がある方が岩国市と委託契約を締結した医療機関で接種した場合は公費負担となりますが、それ以外の医療機関(契約外医療機関、主に県外)で接種した場合は全額自己負担になります。
 そこで、保護者の里帰り出産などやむを得ない理由により契約外医療機関で定期予防接種を受け、接種費用を支払われた方に対し、岩国市の費用助成の範囲内で払い戻し(償還払い)を行います。

定期予防接種の種類

 ヒブ(Hib)、小児肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、BCG、ロタ、麻しん風しん、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん

対象者

  1. 保護者の健康上の理由や里帰り等により、契約外医療機関において予防接種を受けることが適当と認められる場合
  2. 予防接種を受ける方が病気等で契約外医療機関において継続的な治療、経過観察等が必要な場合で、その医療機関において予防接種を受けることが適当と医師が判断した場合
  3. 上記のほか、契約外医療機関において予防接種を受けることが適当と市長が認める場合

岩国市に住民票のある方が契約外医療機関で定期予防接種を受ける場合

1、定期予防接種として接種するための手続き

 予防接種法に基づき市町村長が行う定期予防接種とするためには、所要の手続きが必要です。また、償還払いを受けるには、事前の届け出が必要です。

(1)予防接種を受ける予定の医療機関に、岩国市に住民票があることを伝えて、滞在中に接種できるかどうか、接種する場合はどの予防接種を受けるかを確認してください。

(2)岩国市保健センター(電話0827-24-3751)予防接種担当へご連絡ください。予防接種を受ける予定の医療機関の名称及び住所・電話番号、受けたい予防接種、滞在先住所などの確認をいたします。

(3)約1週間程度で岩国市から保護者に定期予防接種として接種するための書類が届きます。

2、予防接種の実施と支払い

(1)医療機関に市から届いた予防接種依頼書、予診票と母子健康手帳を持参し、予防接種を受け、費用を支払ってください。

3、予防接種費用の償還払いの申請

 予防接種を受けてから1年以内に、岩国市保健センターに事前連絡の上、次の書類を提出してください。(下記(1)(2)(7)は接種前の書類送付時に同封します。)

(1)予防接種料助成申請書
(2)同意書
(3)接種した医療機関が発行した領収書(予防接種の種類別の料金がわかるもの)
(4)予防接種を受けた際の予診票(写しでも構いません)
(5)予防接種報告書(医療機関から受け取ってください)
(6)母子健康手帳
(7)相手方登録申請書(認め印で構いません。(1)(2)に使用したものと同じ印鑑を押印してください。)

岩国市外に住民票がある方で、岩国市内の医療機関で定期予防接種を希望する場合

 住民票のある市区町村の予防接種担当者へお問合わせください。

 岩国市を経由した手続きや接種費用の助成はありません。