ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 私の岩国 > 「紅葉の岩国、福田市長からの要請」 名越達彦さん その1

「紅葉の岩国、福田市長からの要請」 名越達彦さん その1

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月20日更新

 みなさん、はじめまして。名越達彦と申します。

 

 私は1981年生まれで今津町のトラックの修理屋の息子に生まれ、生まれてから18歳まで岩国で過ごしてきました。えきまえ保育園から麻里布小学校を経て、中学受験して広島大学附属中高に岩国から6年間通っていました。その後、東京工業大学に進学させてもらい、その後DeNAというインターネット系の会社で勤務したのち、今は東京でスタートアップ企業を経営しております。

 

 今回「私の岩国」の企画を拝命し、大変光栄の至りです。

 令和初の紅葉を迎えている岩国で、市役所を訪れた際に福田市長からの直接「岩国の良いところを全国の皆さまに紹介」してほしいという要請をいただきました。

 

 

 今回の企画では、ごく普通の岩国の少年であった私が、どのような軌跡を岩国市でたどっていたか、私の思い出深い場所やお世話になった人々に再会し、”この街での経験が今の私の価値観を作った”ポイントを振り返りながらご紹介させていただこうと思います。

 

 私個人の思い出とあわせて、この街の素晴らしさを岩国の人にも、まだ岩国を訪れたことのない全国の皆さんにも伝えていきたいと思います。

秋の紅葉と名越さん

 紅葉の季節を迎えた岩国

 

 訪れた岩国市庁舎は、私の記憶にはなかった大変美しい建物でした。

市庁舎写真

 岩国市は私が育った20年前と比べてより元気になり、市庁舎や医療センターの建て替えや、新たな陸上競技場・野球場なども完成しました。

 

 特に、山口県東部~広島にいたるまでのアクセスを担っている岩国錦帯橋空港が2012年(これはちなみに、私がパネイルという会社を創業した年と同じです)に開港されて以来、その賑わいは年々増していると感じています。

 

 市長に託されたカメラを片手に岩国の街を巡っていきます。

 ただの観光案内ではなく、私の記憶に触れながら場所を紹介していきたいと思います。

 

 次回は、私の一番最初の記憶の場所をご案内します。

 

 名越達彦