ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 私の岩国 > 地方創生 澄川喜一さんその3

地方創生 澄川喜一さんその3

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月14日更新
薫風の頃、岩国国際観光ホテルに投宿。正に櫻・櫻・櫻、日本の春を満喫できるのはここにあり感。
岩国観光ホテルから望む錦帯橋
錦帯橋から見た岩国国際観光ホテルの写真
早朝、錦帯橋を渡る。錦川の朝霧のせいだろう、美しい黄金色に輝いていた。午前中は真東から太陽の光を受け清々しい。午後になると城山が西日をさえぎり陰陽の交差する微妙な光の中に浮かぶ木造の橋の美しい姿に感動。城山に日が沈む頃、香魚の漁舟がかがり火で水面を映し出す。

夕食はホテルの鮎料理か・と・・(季節による)
岩国国際観光ホテルでの料理
岩国市は自然に恵まれており錦帯橋や空港もあり「地方創生」の先頭を切っているのではないだろうか。いつも思うことだが錦帯橋の軸線は東西である。木造橋を太陽光から守っているのではないだろうか。昔の人の知恵に感服するばかりである。

【文章・写真:澄川喜一】