ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 令和2年国勢調査の統計調査員を募集します。

令和2年国勢調査の統計調査員を募集します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月24日更新

100 令和2年に実施される国勢調査は、開始100年目という大きな節目の年を迎えます。 この節目の年に、最も重要な統計調査の調査員として参加してみませんか。

 調査の開始前には調査員説明会を開催し、詳しい仕事の内容を説明しますので、未経験の方も安心してお申し込みください。

国勢調査とは

 大正9年(1920年)に始まり今回で100年目を迎える、統計法に定められた人及び世帯に関する全数調査です。
 5年に一度、10月1日を期日として、全国一斉にすべての居住世帯の家族構成、居住状況、教育状況、就業内容等を調べます。
 岩国市においては、850名を超える調査員により調査を行います。
 集計結果は国及び地域の最も重要な情報基盤として、官民を問わず多方面で活用されます。

 ○国勢調査について、詳しく知りたい方は、次の統計局ホームページをご覧ください。

  ・国勢調査キャンペーンサイト(統計局ホームページ)<外部リンク>

  ・国勢調査100年のあゆみ(統計局ホームページ)<外部リンク>

調査員の役割

 国勢調査員は非常勤の国家公務員として、各地域において調査票の配布・回収等の調査活動に従事する、調査の主役となります。

資格要件

 1.心身ともに健康で、責任をもって調査業務を遂行できる、原則20歳以上の方
 2.調査事務から知り得た秘密を保護できる方
 3.警察・選挙に直接関係のない方
 4.暴力団員その他の反社会的勢力に該当しない方

主な仕事内容

 1.岩国市主催の調査員説明会に出席(約2時間30分、令和2年8月頃)
 2.調査区要図(担当地域内の地図)及び調査世帯一覧(担当地域内の名簿)の作成
 3.調査票等の配布・回収
 4.調査関係書類の審査・整理と市への提出
  ※調査区要図及び調査世帯一覧の作成から調査関係書類提出までの調査活動期間は、8月下旬~10月下旬を予定

報酬について

 目安として、2調査区あたり、約7万円程度(各調査区の世帯数により増・減します。)を想定しています。

申込方法

 申込書に必要事項を記入していただき、ご提出ください。
 (申込書に記載されている事項を一読してから、お申し込みください。)

  ・提出方法 : 申込書に記載されている場所(本庁、各総合支所)
  ・締め切り日: 令和2年3月31日(火曜日)

 ○申込書は、次からダウンロードできます。
   ・令和2年国勢調査員申込書 (Wordファイル)(49KB)