ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・学校 > 小学校・中学校 > 岩国市 小中一貫教育始まります
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・学校 > 教育委員会 > 岩国市 小中一貫教育始まります

岩国市 小中一貫教育始まります

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月2日更新

4月よりすべての小・中学校で小中一貫教育をスタートします

 少子高齢化、情報化、グローバル化など、社会環境の急激な変化の中、教育をめぐっては、学力や不登校、いじめ、人材育成、地域連携など多くの課題が指摘されています。また、子供たちの生活習慣や学習習慣の形成、思考力、表現力、コミュニケーション能力の育成が急務となっています。
 これらの課題を克服し、子供たちの健やかな成長を図るためには、幼児期から小・中学校9年間を見通し、一貫した教育を推進するとともに、学校・家庭・地域が協働した「地域ぐるみの教育」を推進していくことが必要不可欠となっています。
 岩国市では、小学校と中学校が連携して教育活動を展開する「小中連携教育」をさらに深化・充実させ、小学校と中学校の9年間を通して継続的で一貫性のある教育を行う「小中一貫教育」の導入に向け、準備を進めてきました。
 今年度、4月よりすべての小・中学校で小中一貫教育をスタートします。

 

001

 

 

岩国市小中一貫教育基本計画

 岩国市のすべての小・中学校が児童生徒一人ひとりの個性を伸ばし、夢の実現につなげていくために「岩国市小中一貫教育基本計画」を策定しました。
 岩国市が小中一貫教育で目指しているのは、「つながり力日本一!」です。

5つのつながりを大切にしていきます。
・目標をつなぐ
・カリキュラムをつなぐ
・子供の心をつなぐ
・教職員の意識をつなぐ
・家庭・地域との絆をつなぐ

 特に、岩国市の小中一貫教育の特徴は、5つのつながりの中でも「家庭・地域との絆をつなぐ」取組がコミュニティ・スクールや地域協育ネットの仕組みを生かし、他の4つのつながりを支えているということです。学校・家庭・地域が協働して、大人も子供も関わりながら「各中学校ならでは」の取組を進めています。

 

002

 

小中一貫教育について

 「小中一貫教育ってどうして必要なの?」
 「小学校と中学校が離れていても小中一貫教育が行われるの?」
岩国市の小中一貫教育についての疑問にこたえるために、「Q&A」を作成しました。

 小中一貫教育は、可能性を秘めた子供たちが、社会で前向きに生きていくための資質・能力を身に付けるために、学校・家庭・地域が一体となって子供たちに関わっていくための手段の一つです。学校の中だけでなく、保護者や地域の方々とつながりながら進めていきます。
 

各中学校区の取組について

 岩国市では、平成26年12月に今後8年間のまちづくりの指針となる「岩国市総合計画(基本構想・基本計画)」が策定されました。この計画では、「豊かな自然と歴史に包まれ、笑顔と活力あふれる交流のまち岩国 ~人・まちをつなぐ明日への架け橋~」を将来像に掲げ、本市の資源や個性を活かしつつ、取り巻く諸情勢の変化に対応しながら、市民が安心して暮らし続けられる、魅力的なまちづくりをめざしています。
 そして、平成27年8月には、「志高く 豊かな心と生き抜く力を育む」を教育目標に設定した教育大綱が示され、岩国市の教育の方向性がより具体的に表されています。
 これらを受け、各中学校区では、めざす子供像や児童生徒に身に付けさせたい資質・能力を明確にして教育活動を行っています。
 図書館や山口銀行岩国支店等で、各中学校区の小中一貫教育の取組パネルを展示し、各中学校区の取組の成果や課題を紹介しながら理解促進を図っています。

 

001  001

岩国市立中央図書館1階ロビー            山口銀行岩国支店展示ホール
 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)