ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・学校 > 教育委員会 >  英語交流のまちIwakuni創生プロジェクト
   ~英語があふれるまち いわくに~

 英語交流のまちIwakuni創生プロジェクト
   ~英語があふれるまち いわくに~

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

みにつくまち   kagayaku    つながる   プロジェクト

英語があふれるまちいわくに

  英語交流のまちIwakuni
 

岩国市は、10人いれば1人はアメリカ人という英語のまちです。
この地域特性をいかして、英語の学びや国際交流の機会を充実させ、
魅力的なまちづくりを推進していきます。

このプロジェクトの拠点として、(仮称)英語交流のまち推進センターの開設を目指します。

皆さんも積極的に参加して、あたたかな交流の輪を広げていきましょう。

 

img01

「英語」が身につくまち

市民の誰もが、外国人との自然な交流のなかで、英語を身につけることができるまちを目指します。


sub1
■ 将来を担う若い世代が、「英語」をストレスなく使いこなせるよう支援していきます。
■ 英語教育の推進に向けて、指導者研修の充実や教材の開発等を積極的に行います。

 児童生徒の英語力を育む

小学6年生と中学3年生を対象に、「聞く・読む・話す・書く」の4つの英語力をkids1
明らかにする試験を年1回行う等、英語教育の質を高めるためのさまざまな
取り組みを進めています。

 

詳細

 

 

 イングリッシュキャンプ

児童生徒たちが、外国人の先生たちと一緒にみんなで楽しくからだを動かしながら、いきいきと英語に親しむキャンプです。
由宇青少年自然の家等を会場に、定期的に行われています。


■ 英語漬けの楽しい2日間english camp1

 小・中学生が参加。最初は緊張していた子どもたちも、徐々に慣れて
 いき、自然に英語でコミュニケーションが取れるようになりました。

 

詳細

 

 


■ ちかくにいわくに体験レポenglish camp2

 イングリッシュキャンプの詳しいレポートです。
 英語でゲームをしたり、みんなでカレーを作ったり、子どもたちが
 楽しんでいる様子がわかります。

 

詳細

 

 

sub1
■ 市民一人ひとりがレベルに応じた英語を学ぶことができるよう支援します。

 

日本語・英語スピーチコンテスト

 小学生から大人まで、スピーチの内容や発音、流ちょうさ、表現力などのspeechcontest
 審査結果をもとに、年齢別の8部門で日本語と英語の力を競いながら、
 日米の文化交流の促進を目的とするコンテストです。

 

詳細

 

 

(仮称)英語交流のまち推進センターの開設を目指します

 本市に居住する外国人に必要な情報を届けるとともに、日本人と外国人がcenter
 身近な話題を通じて交流し、楽しめる場を整備していきます。

 センターでは、お互いに言葉を教えあうなど楽しく交流できる場や、
 外国人には悩みごとや困りごとの相談もできるようにします。

詳細<外部リンク>

 

「英語」でかがやくまち

子どもたちをはじめ、市民の誰もが、 外国人と自然にコミュニケーションを 図ることができるまちとなります。

sub3
■ 英語力を生かした就業や就職を推進する仕組みを整備します。
■ 海外との取引等、英語力を活用した新たな創業・起業を支援します。

英語人材と企業のマッチング 

マッチング英語のできる人材を求めている職場へのマッチング機能を充実させる等、
英語力を生かした就業や就職を推進する仕組みを整備します。

 

 


      

 

職業スキルアップ講座の実施

仕事の枠組みを広げたり、新しい分野の仕事に挑戦したりできるよう、スキルUP
英語力をレベルアップするための講座を開講します。

 

 

 

 

 

sub4
■ 英語交流のまちIwakuniを広くアピールすることで、岩国市への定住促進を図ります。

 

英語交流のまち推進フォーラム「English Party in IWAKUNI」

子どもたちに楽しみながら英語に親しんでもらおうと開催されました。english party
約1,200人の家族連れなどで盛り上がりました。

 

 

詳細

 

 

広島、大阪、東京等でPR活動

広島市や首都圏、関西圏等で開催される物産フェアや交流イベント等に積極的に出展し、岩国市の国際性をアピールしていきます。

 

「英語」でつながるまち

外国人にとっても住みやすく、 市民と自然に交流し合うことができる、 多文化交流と共生のまちづくりを目指します。

 

sub5
■ 公共交通機関のサイン等の英語表記を増やし、英語による 生活情報が入手できる場を
  設ける等、 外国人にとっても住みやすく、過ごしやすいまちを目指します。


 英語によるさまざまなビジネスチャンスや、働く機会を開拓できるよう環境づくりに取り組みます。

岩国情報発信サイト(英語・日本語)の構築

観光から日々の暮らしに関する情報まで、外国人が必要な情報を手軽に入手することができるサイトを構築します。

(仮称)英語交流のまち推進センターでの情報提供

国際交流、国際ビジネスから、各種イベント・観光情報、英語・日本語講座、岩国での暮らしに関する情報等をセンターに集約し、誰でもアクセスできるようにしていきます。

 

sub6■ 外国人と日本人が自然に交流しあい、英語によるビジネスや働く機会を開拓できる
  環境づくりに取り組みます。
■ 国際交流や英語学習・日本語学習に関する情報がきちんと届くよう、情報収集・提供の
  仕組みづくりに取り組みます。

 

ハロウィンカーニバル

日本人も外国人も、魔女やお化け等、さまざまなキャラクターに仮装して、ハロウィン
コスチュームコンテストやパンプキン彫り、ダンス等を楽しみながら
ハロウィンの文化的な意味を学習します。

 

詳細

 

 

ヤングアメリカンズ ワークシップ

若者の素晴らしさを音楽とダンスによって伝える「ヤングアメリカンズ」young
キャストと、岩国の子どもたちが3日間歌や踊りのワークショップを通じ、
お互いを認めあうこと、表現の自由、やりとげることの素晴らしさを
学びました。

 

詳細

 

 

未来の姿

子どもたちへの取組

幼児や小学生の頃から生きた英語学習をしてきた子どもたちが大人になり、英語でのコミュニケーションは日常となっている「英語交流のまちIwakuni」を目指します。

(仮称)英語交流のまち推進センターでの取組

必要な情報を必要な人に確実に提供できるよう積極的な取組を行い、市内外へも発信・提供を行います。
さらに、日本人だけでなく外国人を対象とした事業も行い、「英語交流のまちIwakuni」のイメージを形成する交流拠点を目指します。

地域での取組

交通機関や観光地のサイン、飲食店のメニューなどの英語表記化を推進します。また、文化やスポーツなどの交流イベントを継続させ、親友といえる友情が育まれる「英語交流のまちIwakuni」を目指します。

英語交流のまちIwakuni創生プロジェクトについて<外部リンク>

英語交流のまちIwakuni創生プロジェクト基本方針<外部リンク>

英語交流のまちIwakuni創生プロジェクト概要版<外部リンク>

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)