ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > 男女共同参画社会の実現をめざして

男女共同参画社会の実現をめざして

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月30日更新

男女が互いに人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮できる社会です。

男女共同参画社会基本法(第2条)の定義

人のイメージイラスト画像  「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」です。

「参画」とは

 単なる「参加」ではなく、意思決定の過程から主体的にかかわっていくことを意味します。
 たとえば・・・
 自治会などの集まりに単に出席するだけでは「参加」になりますが、その話し合いの場で、自分の考えを発言し、企画・立案の段階から積極的にかかわっていくことにより、「参画」していくことになります。  

「男女共同参画」ってどういうこと?

 男女共同参画とは、「男だから」、「女だから」という理由だけで、それぞれの役目を決めたり、向き不向きを決めつけたりしないことです。
 家庭や職場や学校などのいろいろな場面を思い浮かべながら、男女共同参画について考えてみましょう!

家庭では

職場では

学校では

地域では

疑問・質問解決コーナー
男女共同参画 Q&A

社会的性別
(ジェンダー)とは?
社会的性別  (ジェンダー)の視点

メディアリテラシー (PDFファイル)(135KB)
メディアが流す情報にコントロールされていませんか?


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)