ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 道路・河川・交通 > 道路 > 岩国市道路橋長寿命化修繕計画の策定について

岩国市道路橋長寿命化修繕計画の策定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

概要

 岩国市が管理する道路法上の道路橋は1,487橋(令和2年3月31日時点)あります。このうち、橋長が15m以上のものは245橋(約16%)あり、橋長が15m未満のものは1,242橋(約84%)で大多数を占めています。また、建設後50年以上が経過しているものは現在739橋(約50%)ですが、高度経済成長期に多くの橋梁が建設されていることから、20年後には1,142橋(約77%)となり、急速に老朽化が進むことが予想されます。
 これまでは、橋梁の損傷が大きくなった後に補修を実施していましたが、今後もこれを継続した場合、大規模な補修や橋梁の架け替えが一時期に集中することとなり、限られた予算の中で適切に維持管理できなくなるおそれがあります。
 このような背景から、計画的かつ効率的に修繕を行うことにより施設の長寿命化を図り、中長期的な維持管理に係る費用を縮減かつ平準化する「予防保全型」の維持管理へ転換することを目的として、道路橋長寿命化修繕計画を策定し事業を進めてきましたが、このたび道路法施工規則に基づく近接目視による法定点検(平成26年度~平成30年度)の結果を反映した道路橋長寿命化修繕計画(個別施設計画)に更新しました。

実施方針

平成21年度に橋長15m以上の道路橋(161橋)の長寿命化修繕計画を策定しました。
平成23年度に橋長15m以上の道路橋(230橋)及び緊急輸送道路内の橋長15m以下の道路橋(32橋)の長寿命化修繕計画を策定しました。

令和2年度に岩国市が管理する市道に架かるすべての道路橋の長寿命化修繕計画を策定しました。

令和元年度の点検結果を反映した内容に更新しました。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)