ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 人権啓発 > 北朝鮮人権侵害問題啓発週間について

北朝鮮人権侵害問題啓発週間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日更新

毎年12月10日から12月16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間です。

 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、抑止を図ることを目的として、平成18年6月に、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに、毎年12月10日から同月16日まで「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は国民的課題であり、北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、今後もこの問題を風化させることの無いよう、関心と認識を深めていくことが必要です。
 また、岩国警察署と連携して山口県内における北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案にかかる方々のポスターの掲示を行い、情報提供を呼びかけています。

 本市におきましても、この啓発週間中、岩国市役所1階のロビーにおいて「拉致問題 啓発パネル展」を開催しております。
あわせて昭和52年、当時中学一年生だった「横田めぐみさんが拉致された事件」を題材に、「残された家族の苦悩」や、「懸命な救出活動の模様」を描いたアニメ「めぐみ」の放映をパネル展示横で行っています。
 さらに、山口地方法務局岩国支局から提供を受けた、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」などの周知用ポスターを市民の拉致問題に対する関心や認識を深めるために、市役所や総合支所等へ掲示しています。

 

令和元年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター

北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター (PDFファイル)(377KB)

北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター

 

関連リンク

拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律(平成十八年法律第九十六号)<外部リンク>

日本国政府:拉致問題対策本部<外部リンク>

法務省:北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう<外部リンク>

山口県:北朝鮮による日本人拉致問題について<外部リンク>

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)