ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山口県人権推進指針について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

 この指針ににおいては、山口県民すべてが、自分の人格が尊重され、他人の人格を尊重して自由で平等な生活を共に営むことができるよう、一人ひとりがかけがえのない尊い生命の主体者であるという、人権尊重を基本的な考え方として、自由(じゆう)、平等(びょうどう)、生命(いのち)の三つのキーワードをもとに人権に関する諸施策を総合的に推進することとしています。

じゆう(自由)

 だれもが、人として大切にされ、自由に自分らしく生きることができる地域社会の実現をめざします。

びょうどう(平等)

 だれもが、社会の一員として等しく参加・参画し、個性や能力を十分に発揮できる地域社会の実現をめざします。

いのち(生命)

 だれもが、尊い生命の主体者として大切にされる地域社会の実現をめざします。

 

 指針については、山口県人権対策室のホームページの「山口県人権推進指針」<外部リンク>をご覧ください。

 山口県人権対策室(083-933-2810)

 なお、総合支所、出張所、図書館において指針の閲覧が可能です。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)