ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

指定管理者制度の流れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新
制度導入の検討施設の特性等を踏まえながら、指定管理者制度の導入や公募実施の可否についての検討を行います。
 
条例の整備・議決新たに指定管理者制度を導入する施設の場合、施設の条例を整備し、議会の議決を経て改正します。
非公募
公募

 
管理者の募集(公募を実施する場合)
 広報紙やホームページ等を通じて、指定管理者の募集を行います。
 
審議(公募を実施する場合)
 指定管理者選定委員会により、応募のあった団体が指定管理者としてふさわしいがどうかの審議を行います。
 
候補者の決定候補者を決定します。
 
議会の議決候補者を指定管理者として指定することについて、議会の議決を得ます。
 
指定管理者の指定議会の可決の後、指定管理者の指定をします。
  
協定の締結指定管理者と施設の指定管理に関する協定を締結します。
 
管理の実施あらかじめ指定された期間、指定管理者が施設の管理運営を行います。
 
事業報告書の提出毎年度終了後、定められた期限までに事業報告書を提出します。