ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 岩国徴古館 > ミニ企画展について

ミニ企画展について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新
岩国学校教育資料館の所蔵資料から、テーマに沿った数点の資料を「ミニ企画展」として展示しています。
年4回の展示替えがございますので、1階常設展示室のケースという限られた場所ですが、ぜひご覧ください。

岩国学校開校150年

今からちょうど150年前、明治4年に岩国学校は開校しました。
現存する岩国学校校舎(岩国学校教育資料館)は、外国語の習得を目的とした岩国英国語学所としても使用され、藤岡市助をはじめ、後に近代日本の発展に貢献した多くの人々を輩出しました。
また、錦見小学校(明治17年から岩国小学校)となってからも、国木田独歩や宇野千代ら著名な文学家がここで学びました。
今回のミニ企画展では、校舎の写真やここで学んだ著名人の資料を展示し、開校150年の岩国学校について紹介します。

会期

令和3年4月25日(日曜日)~7月18日(日曜日)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合翌日)

関連イベント「昔の学校の授業を体験してみよう」

石盤や五つ玉そろばんなどを使って昔の授業を体験してみよう

 日時  :令和3年5月23日(日曜日) 10時~、14時~
 対象  :小学生及び中学生(保護者の付き添い可)
 定員  :各回4名
 体験料:無料
 申込  :令和3年5月3日(月曜日)から
        岩国学校教育資料館に電話もしくは直接申し込み(定員になり次第受付終了)