ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 私の岩国 > 岩国高校の校舎と武道場 佐藤真美さんその2

岩国高校の校舎と武道場 佐藤真美さんその2

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月13日更新

3年間通った高校の校舎です。
教室から眺める中庭の景色。

岩国高校④


3年6組の教室。
当時の6組は、文3コースというコースを選択した生徒のクラスでした。
文3コースとは美術や音楽、体育などに興味を持ち、その道に進学することを希望する生徒が集まった、個性豊かで賑やかなクラスでした。

岩国高校⑤

懐かしい教室!
あの頃は当たり前に毎日使っていた椅子と机も、とても新鮮に感じられました。
 

岩国高校⑥

お昼にお弁当を食べた後、毎日のように通った売店前の自販機。
ここでイチゴミルクをよく飲んでいました。
余談ですが高校の時所属していた剣道部の冬の合宿で、合宿先でイチゴミルクを飲み、急性胃腸炎になり救急車で運ばれ部員や先生に迷惑をかけた思い出があります。
いまだにイチゴミルクを見る度に当時の苦い記憶が思い起こされます・・。


 

岩国高校⑦

そして思い出の武道場へ。
高校時代は剣道部でした。
当時からある風林火山の垂れ幕。年季が入っていて、時の流れを感じました・・。
夏休みも冬休みも活動し、部活に励んだ3年間。
真夏も袴と防具を身にまとい、とにかく暑すぎて汗だくでした。
そして真冬の武道場はとにかく寒い!極寒の中、裸足で動き回っていました。

 

岩国高校⑧
 
太鼓に竹刀も当時のまま。

大きな休みは年末年始とお盆数日のみのハードな高校時代を過ごしました。
この日は剣道部の部員の子たちが午後から練習とのことで、後輩たちにお会いすることができました。今も練習のハードさは変わってないとのこと。
文武両道、頑張ってください!
 

佐藤真美