ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルスワクチン接種に関連したお知らせ > 高齢者施設入所者への優先接種の先行実施について

高齢者施設入所者への優先接種の先行実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月6日更新

高齢者向け優先接種の先行実施分として、新型コロナワクチンが、4月5日の週から4月19日の週の3週間にかけて、山口県から県内市町に配分されます。

本市には、1,000人分のワクチンが、県から届けられます。

本市は、この1,000人分のワクチンを、市内に所在する介護老人福祉施設と養護老人ホームの入所者に接種する計画を策定し、4月12日の週から、随時、接種します。

高齢者向け優先接種の先行実施概要

対象者選定の考え方高齢者施設において、感染者が発生した場合、食住を共にする環境等から、施設内でクラスターが発生する可能性が高くなることが考えられ、その場合、多くの感染者が発生することで、医療のひっ迫につながるおそれがあること。また、要介護者など既往症がある高齢者が多いと考えられ、症状の重症化が懸念されることなどを配慮し、そうした状況を未然に防ぐため先行実施の対象として選定することとしたもの。
対象施設と対象人数介護老人福祉施設 16施設 定員数 807人
養護老人ホーム   3施設  定員数 190人
     計        19施設 定員数 997人