ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

感染を防ぐために

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月17日更新

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

過剰に心配することなく、「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策が重要です。

1.こまめに手洗いをしましょう

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
 

2.健康管理に気をつけましょう

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。
 

3.適度な湿度を保つようにしましょう

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。
 

正しい手の洗い方

正しい手の洗い方

 

ほかの人にうつさないために

咳やくしゃみが出る人は、咳エチケットを守るようにこころがけましょう。

・マスクを着用しましょう
・マスクがないときはティッシュなどで鼻と口を覆いましょう
・とっさの時は袖や上着の内側で鼻と口を覆いましょう
・可能であれば、周囲の人からなるべく離れましょう

正しいマスクの着用方法

1.鼻と口の両方を確実に覆いましょう
2.ゴムひもを耳にかけましょう
3.隙間がないよう鼻までしっかり覆いましょう

正しいマスクの着用方法

マスクの効果を正しく理解し、適切に利用しましょう

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状がある人は積極的にマスクをつけましょう。

一方で、予防用にマスクを着用することは、込み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当込み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません。

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人ごみの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。