ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ちかくにいわくに

訪れたい、暮らしたい、暮らし続けたいまちへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新
ちかくに いわくに

岩国市は「ちかくに いわくに」というキャッチコピーを掲げ、シティプロモーションを本格的にスタートさせます。
シティプロモーションとは、市の魅力を高めるとともに、その魅力を市内外に積極的に発信していく取り組みのことです。

シティプロモーション「ちかくに いわくに」のイメージ (その他のファイル)(869KB)

岩国市シティプロモーション戦略(PDFファイル)(4.39MB)

あなたの子育てのちかくに

医療費が中学校卒業まで無料

赤ちゃんから中学生まで医療費の自己負担がありません。
所得制限がなく中学生まで無料なのは、県内13市の中で岩国市だけ!

○乳幼児の医療費についての詳細はこちら
○小学生・中学生の医療費についての詳細はこちら

線

第1子から出産の祝い金を給付します!

岩国市ではお子様が生まれた場合、誕生を祝って10万円を支給します。
一人目のお子様から10万円を支給するのは県内の自治体で岩国市だけ!

○祝い金についての詳細はこちら

線

妊娠・出産・子育ての相談は、どんなことでもお気軽に!

妊娠中や子育て中のママはホルモンバランスの変化などでいろいろなことが不安になりがちです。
不安なことや分からないことがあれば、子育て世代包括支援センターに気軽に相談してください。
保健師や助産師、保育士などが親切丁寧にお答えします。

○子育て世代包括支援センターについての詳細はこちら
○子育て中の悩みなどを広報紙で特集しました (PDFファイル)(1.99MB)

ライン

アプリであなたの子育てを支援します!

子育て相談や子育て支援情報、親子で楽しめるイベントなどを見ることができるスマートフォン用アプリです。
最新の情報をお知らせする機能や市内の保育施設、公園、運動施設などを地図で案内する機能もあります。
お子様の情報を登録することで、検診や予防接種の時期をお知らせするとっても便利な機能も。
救急当番医なども確認することができ、あなたの子育てをしっかり支援します!

○いわくに子育てアプリについての詳細はこちら

ライン

子育て支援ヘルパーが家事や育児を手伝います!

産後6か月未満のママの家事や育児を支援します。
産後の体調がすぐれないママの代わりに、ヘルパーが食事の準備や後片付け、洗濯、掃除、買い物、おむつ交換、沐浴などをお手伝いします。

○子育て支援ヘルパー派遣事業についての詳細はこちら

ライン

予防接種の助成が充実!

予防接種の助成の充実度は県内ナンバーワン。
国の助成対象はもちろん、インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタウイルスについても独自の助成があります。

○予防接種の助成についての詳細はこちら

あなたの豊かな暮らしのちかくに

豊かな自然と世界に誇れる歴史・文化・観光資源に包まれたまち

岩国市は、山々、清流、美しい海などの豊かな自然、錦帯橋をはじめとした世界に誇れる歴史・文化・観光資源に包まれたまちです。特色豊かなさまざまな魅力にぜひ触れてみてください。

○豊かな自然や歴史・文化・観光資源についての詳細はこちら<外部リンク>

ライン

東京まで約1時間半!陸・海・空の交通拠点都市

市内の中心地にある岩国錦帯橋空港から東京まで約1時間半。1日5往復なので楽々日帰りもできちゃいます。
沖縄便もあるのでリゾートにもどうぞ。
JR広島駅まで約50分のJR岩国駅は橋上駅舎と東西自由通路を整備中。ますます便利になって2017年中に完成予定です。

○岩国錦帯橋空港についての詳細はこちら<外部リンク>
○岩国駅周辺整備事業についての詳細はこちら

ライン

誰もが気軽にスポーツを楽しめる運動施設が充実!

子供から高齢者まで、誰もがスポーツを楽しめる運動施設が充実。
市民が利用できる野球場、ソフトボール場、インフィールドにサッカー場がある陸上競技場なども2017年中に完成予定です。

○主なスポーツ施設についての詳細はこちら
○建設中の運動施設のイメージ図

ライン

充実の蔵書! 8つの図書館と2台の自動車図書館

市内には8つの図書館があります。
予約した本の受け取り場所を指定できる、返却をどの図書館で行ってもよいなど、とても便利に利用することができます。
小学校などを巡回する自動車図書館も利用できます。

○図書館についての詳細はこちら

はあすちゃん

線

日常の中に国際交流があふれるまち

岩国市は国際交流が盛んなまち。
交流事業がたくさんあるのはもちろん、日常の中にも国際交流があふれています。

○国際交流についての詳細はこちら

田植えで日米交流


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)