まちの話題

●第1回わくわく野菜畑
4月28日、由宇町で、食育の一環として、野菜を育て収穫し、農業を身近に感じて自然の大切さを知ってもらおうと、小学生を対象に、農業体験学習「第1回わくわく野菜畑」が開催されました。
参加した子どもたちは、地元指導者の皆さんの話を熱心に聞き、トウモロコシやカボチャ、プチトマトの植え付けに挑戦。今後は、野菜の成長を観察しながら、7月に収穫し、おいしく食べる調理方法などについて学びます。

●ピュアラインにしき誕生祭
4月30日、晴天に恵まれた中、道の駅ピュアラインにしきで10回目となる誕生祭が開催されました。
特設ステージの歌謡ショーや舞踊ショーは、たくさんの人が訪れ、道の駅構内の売店や食堂では、特産品が飛ぶように売れていました。
名物のコンニャク料理に舌鼓を打つ姿も多く見られ、マスコットの「イノシシの錦太」の周りも大勢の人だかりができていました。

●日米親善デー
5月5日、米海兵隊岩国基地で、「日米親善デー」が開催されました。
この日は、通常では一般の人が立ち入ることのできない米軍基地に自由に入れるとあって、県内外から約27万人が訪れました。
会場では、米軍や自衛隊の航空機展示や機内見学、ステージコンサートのほか、ブルーインパルスの航空ショーなど、さまざまな催しが行われました。

●日ごろの感謝を込めて…周防高森駅を清掃
5月8日、ボランティア活動を通じて地域へ貢献しようと、県立高森高等学校のJRC部と、ボランティアチーム35人の生徒が、周防高森駅の清掃活動を行いました。
世界赤十字デーにちなんで、JRC部が企画・立案したこの活動は、毎年行われており生徒たちは日ごろの感謝を込めて駅舎とその周辺の清掃やトイレの掃除、窓ふき、花壇の草取りなどを精一杯行いました。

●交通安全自動車パレード
5月18日、美和町で「交通安全自動車パレード」が行われました。町内の駐在所のお巡りさんに加え、岩国警察署からもパトカーが駆けつけたほか、岩国交通安全協会美和分会の皆さんも参加。道路への飛び出しなどしないよう訴えて町内をパレードしました。
パレードの途中には、美和東小学校とみわ、さかうえの両保育園を訪問し、横断歩道の安全な渡り方など、子どもたちへ安全指導を行いました。

●こいのぼり運動会
5月19日、ほんごう保育園で、「こいのぼり運動会」が開催されました。
雨が降ったり、やんだりのあいにくの天気でしたが、 園児たちの踊りや親子リレー、タオルを使っての体操、追いかけっこ、ダンスなどたくさんの競技があり、笑顔あふれる運動会になりました。
また、グループホーム本郷の皆さんも園児とダンスを楽しむ競技もあり、仲良くふれあうことができました。

●美川カレッジ講演会
5月19日、美川コミュニティセンターで、磯野恭子教育長による講演会「変わる日本のかたち〜本当の豊かさとは何か〜」が行われました。
磯野氏が放送局に入社したきっかけから、情報・消費の変遷、親子関係などの話題に続いて、終わりに、現在の子どもが生涯学び続ける力を身につけて欲しいと話され、参加した約80人は、皆さん真剣に聞き入っていました。

●男女共同参画講座「はじめての男女共同参画」
5月22日、玖珂こどもの館で、男女共同参画が身近なものであることを知ってもらおうと、男女共同参画講座「はじめての男女共同参画」が開催されました。
講師の山口県立大学生涯学習推進室長の岡本早智子氏が、「知ってなっトク!!あなたのまわりの共同参画」と題し、私たちのまわりの男女共同参画やドメスティック・バイオレンスなどについて分かりやすく話され、30人の参加者は熱心に耳を傾けていました。