ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 道路・河川・交通 > 道路 > 岩国市の国道整備に関するオープンハウスを開催しました

岩国市の国道整備に関するオープンハウスを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月8日更新

オープンハウス実施結果

 現在、岩国市内では、国道の整備を推進しており、国道に関する工事状況や、開通した場合の効果について、広く皆さん方に理解していただくために、オープンハウスを開催しました。

※オープンハウスとは・・・ 日頃、興味はあるけど、なかなか聞く機会が無いといわれる方に、皆さん方の都合が良い時間に来場いただき、パネル展示等や常駐職員が直接ご説明させていただくことによって、岩国市の国道整備に理解を深めていくための取り組みです。

 オープンハウスの様子 

 ○日時 平成29年12月20日(水曜日)~28日(木曜日) 午前10時~午後4時 延べ9日間
 ○場所 岩国市役所1階ロビー
 ○内容 岩国大竹道路の事業概要、地質調査の概要等
 ○実施者 岩国市、山口県、国土交通省山口河川国道事務所
 ○訪問者数 延べ381名、 アンケート 延べ164名

 今回のオープンハウスでは多くの貴重なご意見をいただきありがとうございました。これからも国道の早期整備の期待に応えることができるよう取り組んでまいります。
 岩国市の国道整備について不明な点があれば、いつでもお問い合わせ下さい。
 都市計画課 幹線道路整備推進室 Tel:0827-29-5006

展示パネル (PDFファイル)(1.51MB)

 

主な意見

 当日のアンケートに記載された内容及び口頭で伝えられた内容を基に主な意見を記載しています。

  □早期完成・渋滞緩和に関する内容

  • 遅くて進まない交通渋滞対策に早急のバイパスの開通を望む。
  • 何十年と国道の渋滞が続いているので、早期の交通渋滞の緩和を期待する。
  • 新港地区周辺が特に混雑するため、岩国大竹道路の室の木ICから大竹IC間までを先に開通させるといい。
  • 岩国大竹道路の工事は始まったみたいだが、進捗が遅すぎる。いつになったら完成するのか。
  • 岩国大竹道路とその先の柳井までの国道188号のバイパスを早くつなげて欲しい。
  • 岩国大竹道路の計画自体を知らなかった。国道2号のバイパスの話を聞いたことはあったが、どこにバイパスができるか知らなかった。

  □交通安全・事故・歩道の確保に関する内容

  • 岩国大竹道路が完成したら、国道2号の立石から新港まで間の片側2車線区間(事故多発区間)を片側一車線にして歩道を広げて欲しい。
  • 渋滞などで交通事故が多くなっている。早く国道のバイパスを作って、今の国道を安全にして欲しい。
  • 大災害が起きた時には、道路はダブルネットワークが必要。
  • 八幡台団地の入り口付近は朝夕の渋滞が発生しているため、団地への出入りが不自由で、交通安全に支障がある。早く岩国大竹道路を開通させて、流れをスムーズにして欲しい。

  □道路整備に関する内容

  • 岩国大竹道路の室の木地区で道路の工事が始まっているとは知らなかった。
  • 高齢化社会が進む中、多額の費用を費やして道路を作る必要はあるのか。
  • 産業活動等を盛り上げてもらって若い世代も残って住みたいと思う町に道路整備等を通じてしていただきたい。
  • 山手トンネル上の住民としても岩国大竹道路は必要。トンネル工事後も安全な生活を維持できることを考えて施工して欲しい。
  • 山手トンネル上の住民としては、家の沈下、騒音、その他、想定外の事象が起こらないとも限らないため、生活が不安で、補償もないと聞いているので絶対反対。
  • 山手トンネル上の住民としては、今回の説明を受けて補償があるとわかったので、事前に家屋調査、地質調査等をしっかり行った上で、沈下などの影響を予測したり、補償などの条件の交渉を進めるべきだと思う。また、トンネルが開通した後の影響についても知りたい。
  • 山手トンネル上の住民としては、トンネルを掘って地下に空洞ができ、その後に地震が起こって家が傾いたら、道路事業で補償できないので、トンネル工事に反対。
  • 早くできたらいい。国の税金だから早くしてほしい。
  • 平田バイパスの新岩国駅側の道路(県道岩国大竹線)は早く完成させて欲しい。

  □その他

  • もっと頻繁にこうした住民啓発をあらゆるところで実施して欲しい。
  • 室の木台団地の方とよく話合ってほしい。
  • 岩国駅がきれいになったが、早く駅前広場も完成させて欲しい。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)