ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 平成30年7月豪雨で被災された皆さんへ 医療機関等での受診の際の自己負担が免除されます

平成30年7月豪雨で被災された皆さんへ 医療機関等での受診の際の自己負担が免除されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月18日更新

この度の豪雨により被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
平成30年7月豪雨で被災された方が、医療機関などで診療を受ける際に、医療機関等の窓口で、次の1~5のいずれかに該当する旨を申告することで、一部負担金の支払いが免除されます。

1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をした方
2.主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負った方
3.主たる生計維持者の行方が不明である方
4.主たる生計維持者が事業を廃止し、または休止した方
5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

一部負担金の支払いが免除されるのは、次の保険に加入されている方です。
岩国市国民健康保険 後期高齢者医療保険(岩国市民)

この取扱は、平成30年7月6日受診分から平成30年10月31日受診分までです。

<注意>
1. 入院時の食費・居住費はお支払いいただく必要があります。
2. 後日、市が被災状況を確認の結果、免除とならない場合もあります。

 

医療機関等での受診の際の自己負担が免除されます

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)