ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会課 > 【平成30年7月豪雨災害】被災住宅の応急修理を行います

【平成30年7月豪雨災害】被災住宅の応急修理を行います

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月23日更新

応急修理をします ※契約前にご相談を!

平成30年7月豪雨で被災されました皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

災害救助法に基づき、り災証明書にて住宅が半壊または大規模半壊の被害認定を受けた世帯に対し、被災した住宅の日常生活に必要不可欠な最小限の部分を、市が業者に依頼し、一定の範囲内で応急的に修理します。修理費(限度額あり)は、市が業者へ直接支払います。

  ※該当する可能性のある方は、必ず契約前に市にご相談ください。

対象者

〇半壊(自らの資力では応急修理できない方)または大規模半壊の被害を受けた方

応急修理の範囲

以下の4項目のうち、日常生活に必要欠くことのできない部分であって、より緊急を要する箇所。

 (1)屋根、柱、床、外壁、基礎等の応急修理

 (2)ドア、窓等の開口部の応急修理

 (3)上下水道、電気、ガス等の配管、配線の応急修理

 (4)トイレなど衛生設備の応急修理

  住宅の応急修理にかかる工事例 (PDFファイル)(67KB)

※豪雨災害の被害と直接関係ある修理のみが対象です。

費用の限度額

〇(日常生活の必要最小限の部分に対して) 1世帯あたり 584,000円以内

工事完了期限

○原則として、災害発生の日から2ヶ月以内に完了していることが条件です。

必要なもの

○り災証明書(半壊または大規模半壊)※コピー提出可

○申込者の印鑑(認印)

受付窓口

<総合支援窓口>

 受付時間  8時30分~17時15分

○岩国市役所本庁2階 社会課内 

○周東総合支所

問い合わせ先

社会課 29-5070


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)