ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 課税課 > 軽自動車税の税制改正について

軽自動車税の税制改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

軽自動車税の税制改正について

 令和元年度税制改正により、令和元年10月1日以降、県税の「自動車取得税」が廃止され、新たに市税として「軽自動車税環境性能割」が導入されることとなりました。これに伴い、現行の軽自動車税は「軽自動車税種別割」へと名称が変わりますが、手続きや税率に変更はありません。

 

軽自動車税環境性能割

   令和元年10月1日以降、新車・中古車を問わず軽自動車の取得時に車両の価額が50万円を超える場合に課税されます。当分の間、山口県が徴収事務を代行しますので納め方に変更はなく、これまでの自動車取得税と同様、軽自動車の取得時に申告・納付してください。

 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の乗用車を購入する場合は、環境性能割の税率1%分が軽減されます。(環境性能割の臨時的軽減) 

対象となる軽自動車税率
区分排ガス要件燃費要件自家用営業用

軽自動車税環境性能割の税率

電気軽自動車

天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制NOx10%低減達成車)

非課税非課税

ガソリン車

(ハイブリッド車を含む)

★★★★

(平成30年排出ガス基準50%低減又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車)

(乗用)令和2年度燃費基準+10%達成

(貨物)平成27年度燃費基準+20%達成

(乗用)令和2年度燃費基準達成

(貨物)平成27年度燃費基準+15%達成

1.0%0.5%

 平成27年度燃費基準+10%達成

2.0%1.0%

上記以外の車

2.0%2.0%

軽自動車税環境性能割の減免及び非課税について

 地方税法の規定に基づき、軽自動車税環境性能割の減免対象については、「軽自動車税環境性能割の減免対象に関する確認書」を山口県と締結したほか、山口県との取り決めにより軽自動車税の環境性能割の減免対象及び非課税対象について告示しましたのでお知らせします。

岩国市告示第198号 (PDFファイル)(844KB)

 


軽自動車税種別割:原動機付自転車および二輪車等

税率は平成28年度から下表のとおりです。

車種

税率(年額)

原動機付自転車

総排気量が50cc以下のもの(ミニカー除く)

2,000円

総排気量が50ccを超え90cc以下のもの

2,000円

総排気量が90ccを超え125cc以下のもの

2,400円

ミニカー

3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用(トラクター、コンバインなど乗用装置のあるもの)

2,000円

その他(フォークリフトなど)

5,900円

二輪の軽自動車

(側車付含む)

総排気量が125ccを超え250cc以下のもの

3,600円

被けん引車(ボートトレーラーなど)

3,600円

二輪の小型自動車

総排気量が250ccを超えるもの

6,000円

 

軽自動車税種別割:三輪、四輪以上の軽自動車

税率は下表のとおりです。

・最初の新規検査を受けたときが平成27年3月31日以前の車両は、下表の(1)をご確認ください。

・最初の新規検査を受けたときが平成27年4月1日以後の車両は、下表の(2)をご確認ください。 

・最初の新規検査を受けたときから13年を経過した車両は、下表の(3)をご確認ください。重課税率が適用されます。
※ただし、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車、被けん引車は、重課税率が適用されません。

車   種

税率(年額)

(1)平成27年3月31日以前に

最初の新規検査を受けた車両

(旧税率)

(2)平成27年4月1日以後に

最初の新規検査を受けた車両

(新税率)

※平成27年度から

(3)最初の新規検査を受けてから

13年経過した車両

(重課税率)

※平成28年度から

軽自動車

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上

貨物

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

乗用

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

「最初の新規検査を受けたとき」とは

自動車検査証の「初度検査年月」を確認してください(下図参照)。

自動車検査証みほん画像

軽自動車税種別割の税負担の実例(軽四輪 乗用で自家用の場合)

1.最初の新規検査を受けたとき(初度検査年月)が平成31年4月である車両を、平成31年4月1日付けで取得した場合
 平成31年度~令和14年度…10,800円(新税率)
 令和15年度~ …12,900円(重課税率)

2.最初の新規検査を受けたとき(初度検査年月)が平成31年4月である車両を、平成31年4月2日付けで取得した場合
 令和2年度~令和14年度…10,800円(新税率)
 令和15年度~ …12,900円(重課税率)
 ※軽自動車税種別割は、毎年4月1日時点で所有している場合に課税されるため、平成31年度分は課税されません。

3.最初の新規検査を受けたとき(初度検査年月)が平成27年4月である車両を、中古車として平成31年4月2日付けで取得した場合
 令和2年度~令和10年度…10,800円(旧税率)
 令和11年度~ …12,900円(重課税率)
 ※重課税率となる年度は、中古車で購入された場合でも、初度検査年月を基に判断します。取得日では判断されません。

4.最初の新規検査を受けたとき(初度検査年月)が平成27年3月である車両を、中古車として平成31年4月2日付けで取得した場合
 令和2年度~令和9年度…7,200円(旧税率)
 令和10年度~ …12,900円(重課税率)
 ※初度検査年月が平成27年3月31日以前であれば、旧税率が適用されています

 軽四輪 乗用 自家用車での税額早見表

※軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)の適用により、税率が一部変更となる可能性があります。

軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)

 平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日までの間に初めて車両番号の指定を受けた三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、令和2年度分の軽自動車税種別割に限り、税率を軽減する特例措置(「軽自動車税種別割のグリーン化特例(軽課)」)が適用されます。

車種

令和2年度税率(年額)

電気軽自動車 等

ガソリン車(ハイブリッド車を含む)

排出ガス性能:★★★★ かつ

燃費性能:
(貨物)平成27年度燃費基準+35%達成
(乗用)令和2年度燃費基準+30%達成

排出ガス性能:★★★★ かつ

燃費性能:
(貨物)平成27年度燃費基準+35%達成
(乗用)令和2年度燃費基準+30%達成

軽自動車

三輪

1,000円

2,000円

3,000円

四輪

貨物

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

乗用

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

※電気軽自動車 等…電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガス規制からNOx10%低減)

※排出ガス性能:★★★★…平成30年排出ガス規制からNOx50%低減達成または平成17年排出ガス規制からNOx75%低減達成

※燃費性能…自動車検査証の備考欄に記載されています。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)