ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・防災・防犯・安全 > 消費生活 > 自転車に関する消費者事故等の傾向について

自転車に関する消費者事故等の傾向について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

自転車に関する消費者事故等の傾向について

 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」では、自転車の利用についても推奨されています。今後の自転車の利用機会の増加等の可能性を踏まえ、自転車に関する最近の消費者事故等の傾向を紹介するとともに、以下の点について注意を呼び掛けます。

  1.  乗車前には自転車に異常がないか点検しましょう。お使いの自転車及び付属品がリコール対象でないか確認し、対象であればすぐに使用を中止してください。
  2.  子供を乗せる場合には足が車輪に巻き込まれないよう、自転車の荷台に乗せてはいけません。また、子供を前に抱っこして自転車に乗らないでください。
  3.  「自転車安全利用五則」を守りましょう。また、万が一の事故に備えて自転車損害賠償責任保険等に加入しましょう。

 

(消費者庁)自転車に関する消費者事故等の傾向について (PDFファイル)(409KB)


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)