ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種(高齢者) > 平成30年度 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ

平成30年度 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

以下のとおり実施しますので、内容やワクチンに関する説明書をご確認の上、接種を行ってください。  

平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)の対象者

次の1~3をすべて満たしている方

 1 市内に居住(住民登録のある方)されている方

 2 これまでに肺炎球菌ワクチンの接種を一度も受けたことがない方

 3 (1)または(2)のいずれかに該当する方

  平成30年度のみが対象者です(5年後は対象となりません) 

 (1) 平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)内に下記の年齢となる方
    接種期間(平成30年4月1日~平成31年3月31日)内であれば、下記の年齢の誕生日を迎える前でも対象となります 。 

年齢対象生年月日
 
65歳昭和28年4月2日生 ~ 昭和29年4月1日生の方
70歳昭和23年4月2日生 ~ 昭和24年4月1日生の方
75歳昭和18年4月2日生 ~ 昭和19年4月1日生の方
80歳昭和13年4月2日生 ~ 昭和14年4月1日生の方
85歳昭和 8 年4月2日生 ~ 昭和 9 年4月1日生の方
90歳昭和 3 年4月2日生 ~ 昭和 4 年4月1日生の方
95歳大正12年4月2日生 ~ 大正13年4月1日生の方
100歳大正 7 年4月2日生 ~ 大正 8 年4月1日生の方

 

 (2) 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者(身体障害者手帳1級の写しまたは医師の診断書が必要)

 

接種期間

 平成30年4月1日 ~ 平成31年3月31日

 この期間に接種できなかった場合、その後の接種は任意接種(全額自己負担)となります。

自己負担金

 2,780円(ただし、生活保護世帯及び中国残留邦人等支援給付該当の方は免除)

接種できるところ

 ・ 市と委託契約した医療機関 (詳しくは下記の「ダウンロード」の「接種できる医療機関一覧表」をご参照下さい)

 ※再接種による副反応(注射部位の疼痛、紅斑等)の発生を避けるため、かかりつけ医で接種することをお勧めします。

持っていくもの

 ・ 住所・氏名・年齢が証明できるもの(健康保険証等)

 ※再接種による副反応の発生を避けるため接種履歴を残しておくことが大切です。接種済書を手帳等で保存しましょう。

これまでの接種歴が不確かな方へ

 下記の1~2に当てはまる方は、予防接種歴の情報開示ができます。

  1. 岩国市の助成を受け、平成25年7月1日から平成27年3月31日までに岩国市高齢者肺炎球菌ワクチンの接種をした方
  2. 高齢者肺炎球菌ワクチン接種(定期予防接種)を受けた方

 予防接種歴の情報開示の詳しい手続き方法は「関連情報」の「予防接種の履歴を確認する方法について」をご覧ください。

予防接種だけでは肺炎は予防できません

下記のことに気をつけ、肺炎を予防しましょう。

1 細菌やウイルスが入り込まないようにする元気な高齢者のイラスト
 (1) マスク、手洗い、うがいをする。
 (2) 歯みがきなどで口の中を清潔にする。

2 体の抵抗力を強める
 (1) 規則正しい生活をする。
 (2) もともと持っている病気を治療する。
 (3) バランスのとれた食事、適度な運動をするなど基礎体力をつける。

3 たばこを吸わない

関連情報

ダウンロード


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)