ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 予防接種(こども) > 麻しん(はしか)が流行しています

予防接種は、予防接種法に基づいて実施される定期予防接種と個人的に接種する任意予防接種があります。

岩国市では、一部の任意予防接種について費用を助成しています。


麻しん(はしか)が流行しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日更新

麻しん(はしか)が流行しています

 平成30年3月下旬以降、沖縄県で麻しん(はしか)が流行しています。

麻しんの予防にはワクチン接種が有効です!

 ・お子さまが定期接種の対象年齢になったら、なるべく早く麻しんの予防接種を受けましょう。

 ・定期接種の時期にない方で、「麻しんにかかったことがなく、ワクチンを1回も受けたことのない人」は、かかりつけ医にご相談ください。

麻しん(はしか)にかかると・・・

  主な症状: 感染すると約10日後に発熱、せき、鼻汁といった風邪のような症状がおこり、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が現れてきます。

  《ご注意ください》麻しん患者さんと接触した等の疑いのある場合は、かかりつけ医の指示に従い受診して下さい。

詳しくはこちら

/site/yobousessyu-kodomo/15048.html 〔麻しん(はしか)の感染予防について〕