ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 高齢・介護 > 高齢者保健福祉 > 岩国市医師会市民公開講座・岩国市地域包括ケア推進大会

岩国市医師会市民公開講座・岩国市地域包括ケア推進大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月1日更新

令和元年度 岩国市医師会市民公開講座 ・ 岩国市地域包括ケア推進大会を開催しました

 地域包括ケアシステムを構築する上で、「市民の選択、家族の備え」や「市民が適切な選択ができる」ための医療・介護・福祉・介護サービスの一体的な提供体制の整備と適切な情報提供の機会として、令和元年11月24日(日)に、岩国市民文化会館で岩国市医師会市民公開講座・岩国市地域包括ケア推進大会を開催しました。

基調講演について

  「人生100年時代の幸福論 -
      在宅ケアと看取りから学んだ幸せな生き方、逝き方」

  講師  福井県おおい町名田庄診療所 所長
        中村 伸一 先生

  

  「人生100年を健やかで幸せに」

  • 情けは人の為ならず              ・謝るって大事、許すことも大事
  • 生活習慣力と絆が健康長寿の鍵       ・笑顔が幸せの第一歩
  • ポジティブ:ネガティブ=3:1 がベスト    ・感謝することで幸せに(感謝の訪問)
  • 強みを活かす(VIA-IS)             ・3つのいいことを挙げる(眠前1週間)
  • 将来、愛情を受けるため、今、愛情を注ぐ   ※講演会資料引用 

イベントコーナーの様子

住み慣れた地域でできる限り自分らしく暮らすために、元気なときからできること、病気や老化などで心配になったときに知っておきたいことや相談できるように準備しておくことの大切さを伝える場となりました。

●体験コーナー

介護予防の体操や、福祉用具の体験、口の運動能力測定、血管年齢測定や認知症タッチパネル、フレイル検診(歩行速度測定など)で元気チェックを行いました。

  

  

 

●相談コーナー
医療の相談、薬の飲み忘れ相談、健康相談、介護に関する相談、栄養相談など来場者の相談にのりました。

    

 

●展示コーナー
介護食の情報、訪問看護の紹介、入退院の流れ、セルフケア用品の紹介がありました。

    

市民の方が適切に医療・介護サービス・福祉サービスを利用して自立して暮らせることや安心して暮らせるように地域包括ケア推進をしていきます。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)