ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

権利擁護

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

総合相談

地域の高齢者が住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続していくことができるよう、地域における関係者や地域における適切な保健・医療・福祉サービス、機関または制度の利用につなげる等の支援を行います。


介護が必要になったときや自己決定がしにくくなる時期の心配事を、ご自身で具体的に考え、対処する方法を準備していく終活について紹介します。

終活1 (PDFファイル)(590KB)     終活2(PDFファイル)(426KB)

権利擁護

地域の住民、民生委員、介護支援専門員などの支援だけでは十分に問題が解決できない、適切なサービス等につながる方法が見つからない等の困難な状況にある高齢者が、地域において尊厳のある生活を維持し、安心して生活を行うことができるよう、専門的・継続的な視点から、高齢者の権利擁護のため必要な支援を行います。

高齢者虐待

    高齢者の連絡・相談を受けた場合には、「高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律」等に基 
    づき高齢者を訪問し状況を確認し、必要な支援を行います。    

    高齢者虐待防止について

成年後見制度

    成年後見制度の利用が必要と思われる高齢者の親族等に対して、成年後見制度の説明や申立てに当たっての関係
    機関の紹介などを行います。

    申立てを行える親族がないと思われる場合や、親族があっても申立てを行う意思がない場合で、成年後見の利用が必
    要と認める場合は、申立ての支援を行います。

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)